Brand Communication System

戻る

News

SERVICE

中川政七商店「CRMベストプラクティス賞」受賞記念 事例紹介セミナーを開催

株式会社MONJUが提供するSynergy!BCSなどを利用し、「デジタルマーケティング時代における新しいブランディング施策」に取り組んだ株式会社中川政七商店の取り組みが、「伝統と新しさをCRMで実現」として、「CRMベストプラクティス賞」と「大星賞」を受賞されました。

今回のセミナーでは、デジタルを利用したブランディングコミュニケーションのこれまでとこれからをテーマとして、中川政七商店がCRM強化を行った背景や、取り組みを行う中での課題の洗い出しや対策、その成果などの事例を紹介させていただきます。

■ 関連情報
・プレスリリース:https://synergy-bcs.jp/news/pressrelease/20211110182/
・2021 CRMベストプラクティス賞:https://crma-j.org/pdf/bp2021_test.pdf

【開催概要】

開催日時 2021年12月1日(水)16:00-17:15
参加費用 無料
開催形式 オンラインセミナー
※当日はZoomを使用して配信いたします。
※視聴用URLはセミナー前日に登録いただいたメールアドレス宛にお送りします。
受付期間 2021年11月30日(火)12:00まで
注意事項 ・参加は申込者本人に限ります。
・プログラムは変更となる場合がございます。
・待機可能時間は15:55-です。開始時間になった時点でスタートいたします。
【タイムテーブル】

16:00−16:05
開催にあたってのご挨拶(株式会社MONJU 代表取締役社長 田代正雄)
16:05−16:25
ブランディングの時代変遷(株式会社中川政七商店 代表取締役会長 中川 政七氏)
16:25−16:45
事例紹介(株式会社中川政七商店 BCSプロジェクトマネージャー 中田 勇樹氏)
16:45−16:55
Synergy!BCSの紹介(株式会社MONJU 後迫 彰)
16:55−17:15
質疑応答
【登壇者】

中川 政七
中川 政七
株式会社MONJU 取締役 /株式会社中川政七商店 代表取締役会長

1974年生まれ。京都大学法学部卒業後、2000年富士通株式会社入社。2002年に株式会社中川政七商店に入社し、2008年に十三代社長に就任、2018年より会長を務める。
業界初の工芸をベースにしたSPA業態を確立し、「日本の工芸を元気にする!」というビジョンのもと、業界特化型の経営コンサルティング事業を開始。初クライアントである長崎県波佐見焼の陶磁器メーカー、有限会社マルヒロでは新ブランド「HASAMI」を立ち上げ空前の大ヒットとなる。
2015年には、独自性のある戦略により高い収益性を維持している企業を表彰する「ポーター賞」を受賞。「カンブリア宮殿」「SWITCH」などテレビ出演のほか、経営者・デザイナー向けのセミナーや講演歴も多数。著書に『小さな会社の生きる道。』(CCCメディアハウス)、『経営とデザインの幸せな関係』(日経BP 社)、『日本の工芸を元気にする!』(東洋経済新報社)

中田 勇樹
中田 勇樹
株式会社中川政七商店 BCSプロジェクトマネージャー

1989年生まれ。明星大学心理・教育学部卒業後、2012年株式会社AOKIに入社、MD・DB、新規事業立ち上げを経験、2019年にmode株式会社に入社、インターネット販売戦略支援及び実店舗向け集客支援に従事、2021年に株式会社中川政七商店に入社、BCSプロジェクトマネージャーを担当している。